読書

アルフレッド・シュッツ著. 森川眞規雄, 浜日出夫訳『現象学的社会学』(1970=1980)

現象学的社会学 (文化人類学叢書) 作者: アルフレッド・シュッツ,森川眞規雄,浜日出夫 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 1980/02/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (17件) を見る

米国国家情報会議編, 谷町真珠訳『2030年 世界はこう変わるーアメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」 』(2012=2013)

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」 作者: 米国国家情報会議,谷町真珠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/04/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (19件) を見る アメリカ大統領も参考にする、…

蓮実重彦著『帝国の陰謀』(1991→2018)

帝国の陰謀 (ちくま学芸文庫) 作者: 蓮實重彦 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/12/11 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 純粋な「形式性」と起源なき「名前」の流通によって現実が作られる時代。それは、いかにして生まれたのか―。19世紀中…

大屋雄裕著『自由か、さもなくば幸福か?ー21世紀の〈あり得べき社会〉を問う』(2014)

自由か、さもなくば幸福か?: 二一世紀の〈あり得べき社会〉を問う (筑摩選書) 作者: 大屋雄裕 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/03/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (47件) を見る 20世紀の苦闘と幻滅を経て、私たちの社会は、どこへ向かお…

片桐雅隆著『過去と記憶の社会学ー自己論からの展開』(2003)

過去と記憶の社会学―自己論からの展開 作者: 片桐雅隆 出版社/メーカー: 世界思想社 発売日: 2003/02 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (8件) を見る 大きな物語からの解放と小さな物語の噴出 ― 相互行為のリソースとしての物語はどう変…

山崎朋子著『サンダカン八番娼館』(1975→2008)

新装版 サンダカン八番娼館 (文春文庫) 作者: 山崎朋子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/01/10 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (15件) を見る かつて"からゆきさん"と呼ばれた女性たちがいたーー。歴史に埋もれた女…

市田良彦著『ルイ・アルチュセール-行方不明者の哲学』(2018)

ルイ・アルチュセール――行方不明者の哲学 (岩波新書) 作者: 市田良彦 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/09/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 現代思想を代表するマルクス主義理論家か,妻を殺めた狂気の人か.光と闇の落差がもた…

森川嘉一朗著『趣都の誕生-萌える都市アキハバラ』(2003)

趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫) 作者: 森川嘉一郎 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2008/12 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 52回 この商品を含むブログ (47件) を見る いつの間にかアキハバラ全体が巨大な「個室」になっている! たど…

ジグムント・バウマン, ティム・メイ著, 奥井智之訳『社会学の考え方 第2版』(1990→2001=2016)

社会学の考え方〔第2版〕 (ちくま学芸文庫) 作者: ジグムントバウマン,ティムメイ,Zygmunt Bauman,Tim May,奥井智之 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/08/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 日常世界はどのように構成されているの…

倉田剛著『現代存在論講義Ⅰーファンダメンタルズ』(2017)

現代存在論講義I?ファンダメンタルズ 作者: 倉田剛 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2017/04/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る 論理学を武器としてきわめて明晰な議論へと新生した存在論―その最先端まで学生と教員の…

ノーマン・S・ハイナー著, 田嶋淳子訳『ホテル・ライフ』(1936=1997)

ホテル・ライフ (シカゴ都市社会学古典シリーズ) 作者: ノーマン・S.ハイナー,吉原直樹,Norman S. Hayner,田嶋淳子 出版社/メーカー: ハーベスト社 発売日: 1997/08 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る 都市にとっ…

稲葉佳子, 青池憲司著『台湾人の歌舞伎町-新宿、もうひとつの戦後史』(2017)

台湾人の歌舞伎町――新宿、もうひとつの戦後史 作者: 稲葉佳子,青池憲司 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2017/09/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る “らんぶる”も“スカラ座”も“風林会館”も台湾人がつくった―終戦までの50年間、…

斎藤美奈子著『日本の同時代小説』(2018)

日本の同時代小説 (岩波新書) 作者: 斎藤美奈子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/11/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る メディア環境の急速な進化,世界情勢の転変,格差社会の深刻化,そして戦争に大震災──.創作の足元にある社…

パオロ・マッツァリーノ著『反社会学講座』(2004→2007)

反社会学講座 (ちくま文庫) 作者: パオロマッツァリーノ,Paolo Mazzarino 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2007/07/01 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 147回 この商品を含むブログ (124件) を見る 少年の凶悪犯罪は減ってるし、少子化になっても日…

中野正大, 宝月誠編著『シカゴ学派の社会学』(2003)

シカゴ学派の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR) 作者: 中野正大,宝月誠 出版社/メーカー: 世界思想社 発売日: 2003/11 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (11件) を見る 近年注目されているシカゴ学派の魅力や、そもそもシカゴ学派とは何かな…

吉村萬壱著『クチュクチュバーン』(2002)

クチュクチュバーン 作者: 吉村萬壱 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2002/02 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (21件) を見る 蜘蛛女、巨女、シマウマ男、犬人間…意味あんのかよ、こんな世界!第92回文学界新人賞受賞作。 …

岸政彦, 北田暁大, 筒井淳也, 稲葉振一郎著『社会学はどこから来てどこへ行くのか』(2018)

社会学はどこから来てどこへ行くのか 作者: 岸政彦,北田暁大,筒井淳也,稲葉振一郎 出版社/メーカー: 有斐閣 発売日: 2018/11/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 地道な社会調査の労苦と豊穣さ、学史・理論研究の凄み、…

安井豊作著『シネ砦炎上す』(2011)

シネ砦 炎上す 作者: 安井豊作 出版社/メーカー: 以文社 発売日: 2011/12/07 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (4件) を見る 青山真治、黒沢清、佐藤真、塩田明彦、篠崎誠、諏訪敦彦、高橋洋、万田邦敏・・・・・世界に飛翔…

サスキア・サッセン著, 伊豫谷登士翁他訳『グローバル・シティ-ニューヨーク・ロンドン・東京から世界を読む』(2001=2008→2018)

グローバル・シティ (ちくま学芸文庫) 作者: サスキアサッセン,Saskia Sassen,伊豫谷登士翁,大井由紀,高橋華生子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/02/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 情報通信技術の発達が経済活動の劇的な変化を引き…

西村大志, 松浦雄介編著『映画は社会学する』(2016)

映画は社会学する 作者: 西村大志,松浦雄介 出版社/メーカー: 法律文化社 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 映画を用いて読者の想像力を刺激し、活性化するなかで、社会学における古典ともいうべき20の基礎理論を修得…

ダン・スペルベル著, 菅野盾樹訳『表象は感染する-文化への自然主義的アプローチ』(1996=2001)

表象は感染する―文化への自然主義的アプローチ 作者: ダンスペルベル,Dan Sperber,菅野盾樹 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2001/10 メディア: 単行本 クリック: 19回 この商品を含むブログ (7件) を見る たとえば『赤頭巾ちゃん』の物語を楽しむとき、あ…

ドン・デリーロ著, 森川展男訳『ホワイト・ノイズ』(1985=1993)

ホワイト・ノイズ 作者: ドン・デリーロ,森川展男,Don Delillo 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1993/03/19 メディア: 単行本 クリック: 15回 この商品を含むブログ (17件) を見る アメリカの大学町で、ヒトラー学科を教える大学教授は、なぜピストルを手に…

大屋雄裕著『自由とは何か-監視社会と「個人」の消滅』(2007)

自由とは何か (講談社現代新書) 作者: 佐伯啓思 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/11/19 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 59回 この商品を含むブログ (53件) を見る かつてより快適な暮らしが実現した現代社会。各人の振る舞いは膨大なデータとして…

ポール・コリアー著, 甘糟智子訳『民主主義がアフリカ経済を殺す-最底辺の10億人の国で起きている真実』(2009=2010)

民主主義がアフリカ経済を殺す 作者: ポール・コリアー,甘糟智子 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2010/01/14 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 92回 この商品を含むブログ (33件) を見る 最貧のアフリカ諸国では深刻な危機がなんと民主主義によって…

児玉聡著『功利主義入門-はじめての倫理学』(2012)

功利主義入門―はじめての倫理学 (ちくま新書) 作者: 児玉聡 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2012/07/01 メディア: 新書 購入: 12人 クリック: 164回 この商品を含むブログ (37件) を見る 倫理学とは「倫理について批判的に考える」学問である。すなわち…

安藤馨, 大屋雄裕著『法哲学と法哲学の対話』(2017)

法哲学と法哲学の対話 作者: 安藤馨,大屋雄裕 出版社/メーカー: 有斐閣 発売日: 2017/04/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る 「法学」において法哲学の占めるべき位置はあるか,どこに。その内部での議論は実定法学に何…

岡田暁生著『西洋音楽史-「クラシック」の黄昏』(2005)

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書) 作者: 岡田暁生 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2005/10/01 メディア: 新書 購入: 25人 クリック: 169回 この商品を含むブログ (217件) を見る 一八世紀後半から二〇世紀前半にいたる西洋音楽史は、芸術…

戸田山和久著『恐怖の哲学―ホラーで人間を読む』(2016)

恐怖の哲学 ホラーで人間を読む (NHK出版新書) 作者: 戸田山和久 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/01/07 メディア: 新書 この商品を含むブログ (15件) を見る なぜわれわれはかくも多彩なものを恐れるのか? ときに恐怖と笑いが同居するのはなぜか? …

吉田健一著『交遊録』(1993→2011)

交遊録 (講談社文芸文庫) 作者: 吉田健一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/07/09 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る 生涯に出逢った友達のことを順番に綴る交遊録。幼少の頃から親しみ、尊敬してやまなかった祖父・牧野…

飯田泰之著『ダメな議論-論理思考で見抜く』(2006)

ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書) 作者: 飯田泰之 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/11/01 メディア: 新書 購入: 23人 クリック: 1,054回 この商品を含むブログ (177件) を見る ニート問題から財政赤字、平成不況まで、いかにももっともらし…