写真

森田塁「撮影行為における知覚について―福原信三「写真の新使命」の精読を通して」『映像学』2021年, 106巻, p.56-77

【本文】 福原信三の写真論「写真の新使命」は、彼が創刊した雑誌『写真芸術』において、1922年の4月から9回に渡って掲載されたエッセイである。これはのちに多くの写真論を書くことになる福原が、初めて明確な目的のもとに書いた文章である。 従来福原の写…

江本紫織「能動的プロセスとしての写真 ーコンテクストに対する有機的関わりの点から」『映像学』2016年, 96巻, p.110-129

【本文】 これまで写真は、コンテクストやプロセスに対して受動的な位置付けを与えられてきた。その要因となってきたのは、撮影・呈示におけるコード化、観賞でのコンテクストによる意味の規定である。しかし誰もが写真の撮影者・呈示者・観者になり、それぞ…

角田隆一「記憶メディアとしての写真 ―ロラン・バルトの「プンクトゥム」概念からの展開」『ソシオロゴス』2009年, 33号

【pdf】 本稿は、写真を観るという経験と記憶の関係性について社会学的に考察することを目的としている。そ のために中心的に検討していくのは、ロラン・バルトによる最晩年の写真論『明るい部屋』である。本著作は独自の現象学的方法から写真の経験を取…

山内宏泰著『写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学-プロフェッショナルのテクニックと視点』(2018)

写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学: プロフェッショナルのテクニックと視点 作者: 山内宏泰 出版社/メーカー: 誠文堂新光社 発売日: 2018/12/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「アート」の一領域として今や揺るぎない位置を占める「…

長谷正人著『ヴァナキュラー・モダニズムとしての映像文化』(2017)

ヴァナキュラー・モダニズムとしての映像文化作者: 長谷正人出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2017/09/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 写真やジオラマ,映画,テレビなどといった複製技術による映像文化が切り開く「自由な活動…

梅佳代著『うめめ』(2006)

うめめ作者: 梅佳代出版社/メーカー: リトルモア発売日: 2006/09/04メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 233回この商品を含むブログ (195件) を見る

大竹昭子著『この写真がすごい2008』

この写真がすごい2008作者: 大竹昭子出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2008/06/27メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 51回この商品を含むブログ (39件) を見る プロ・アマ問わず、3歳から90歳まで、本や雑誌、展覧会、ポスターからインターネットまで、…

スーザン・ソンタグ著『写真論』(1977=79)

写真論作者: スーザン・ソンタグ,近藤耕人出版社/メーカー: 晶文社発売日: 1979/04メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 53回この商品を含むブログ (60件) を見る 現代は写真の時代である。写真がわれわれの意識を支配し、現代文化の隠れた構造を決定づけて…