梶丸岳「掛け合い歌が駆動するソサイエティ 秋田県の掛け合い歌「掛唄」の場をめぐって」『文化人類学』2018年, 82巻, 4号, p.464-481

本文

societyにはあるまとまりを持った人々の統合体という意味と、人々の相互行為を指す意味があ り、日本語では前者を狭義の「社会」、後者を「社交」と呼び分けることができる。社交は社会を 考えるうえで本質的な重要性を持っている。本稿は会話分析の手法も取り入れながら、秋田県で歌 われている掛け合い歌「掛唄」の場を支える社会と掛唄の場の相互行為を分析し、ジンメルの「社 交」やオークショットの「統一体」「社交体」概念を手掛かりに掛唄の社会の在り方と、それを駆動 しているのはなにかを明らかにする。

まず掛唄の「社会」について見てみると、掛唄の歌い手たちは日常ではあまり関わりを持っては おらず、掛唄が統一体的な意味での「社会」を再生産しているとは言い難いことがわかる。いっぽ う、掛唄大会そのものを運営している保存会については、日常的な「社会」によって人々が集めら れている。ここから、掛唄は「社会」によって維持されていると言える。

次に大会の様子を見てみると、掛唄大会の本番はある程度の緊張感に包まれ全体として優勝を目 指した「遊び」として組織されている。いっぽう、打ち上げである「直会」では大会より自由で「遊 び」らしい掛け合いが行われる。また、直会の掛け合いでは次の歌い手を選ぶやりとりが掛唄の脇 で進行しており、そこには歌い手同士の社会関係も関わっていることがわかる。

以上の分析から、掛唄の社会がオークショットの言う「社交体」に近い存在であることが浮かび 上がってくる。そして掛唄は歌であることによってやりとりを統御しジンメル的な意味での「社 交」に近いやりとりを成立・駆動させるエンジンとなっていることも見えてくる。このエンジンを 動かしているもののひとつが、掛唄の規則が生み出す緊張感に基づく「楽しさ」である。

 

田中雅一「<格子>と<波>とナショナリズム ー巨大な遺体安置所でLove Tripを聴きながら考えたこと」『文化人類学』2018年, 82巻, 4号, p.425-445

本文

本講演の目的は、ここで<格子>と<波>と名付ける二つの社会関係のモードを論じ、それら がどのような形で国家による統治やナショナリズムに関わるのかを考察することである。一方に、 <格子>モードとして、生者を「生ける屍」に変貌させるアーカイヴ的統治が認められる。それは、 たとえばベルティヨン・システム、現地人の身体計測、アウシュヴィッツにおける収容者の管理方 法という形で現れている。他方に、<波>モードとして、隣接性と身体性の密な人間関係が想定で きる。そこでは、おしゃべりあるいはオラリティ、風や水などが重要な役割を果たす。つぎに、ナ ショナリズムとの関係で<波>モードが特徴的な小説とアート作品を取り上げる。まず、ナショナ ルな物語に回収されることに抗する個人的な経験を水や音、意味の取れない発話などで表現する沖 縄の作家、目取真俊の小説を考察する。つぎに、死者を追悼するモニュメントに対比する形で、風、 ロウソクの炎、影、ささやきなどを利用するボルタンスキーの作品を紹介する。そこでは名前をつ けること、心臓音を集めるといったアーカイヴ的活動が重要になっている。ボルタンスキーの作品 はアーカイヴァル・アートの代表と評価されているが、それは国家によるアーカイヴ的統治に寄与 するというよりは、撹乱するものとして位置付けることが可能である。さらに、自己アーカイヴ化 とも言える私的蒐集活動に触れる。

 

佐藤俊樹「データを計量する社会を推論する 「新たな」手法が見せる社会科学と社会」『社会学評論』2017年, 68巻, 3号, p.404-423

本文

最近注目されている統計的因果推論やベイズ統計学は, 効果量 (効果サイズ) の分析などとともに, 社会学にも大きな影響をあたえうる. これらは基本的な考え方ではウェーバーの適合的因果や理解社会学と共通しており, 量的データにもテキスト型データにも適用できる.

例えば, 統計的因果推論は個体レベルの因果の多様さを前提に, その期待値として集団単位の因果効果を厳密に測定する方法であり, 一回性の事象にも理論上は適用できる. 潜在的な結果変数と原因候補と全ての共変量の同時分布を想定することで, 適合的因果をより正確かつ一貫的に再定義したものにあたる. 理解社会学であれば, 主観的で仮説的な先入観をデータの客観的な情報を用いてくり返し修正していくベイズ更新として, 再定式化できる.

こうした方法群は主観性と客観性の両面を同時にもっている。それゆえ, これらを通じて観察される社会の実定性もこの両面をつねにもつ.

Weiberg, Michael, 2013, Simulation and Similarity: Using Models to Understand the World, Oxford: Oxford University Press.

=2017, 松王政浩訳『科学とモデル――シミュレーションの哲学入門』名古屋大学出版会. 

佐藤俊樹, 2016, 「世論と世論調査社会学――『前面化』と『潜在化』の現在と未来」『放送メディア研究』13: 309-33.

高橋信著『マンガでわかる統計学 回帰分析編』(2005)

 

本書は、回帰分析と重回帰分析とロジスティック回帰分析を解説した書籍です。

プロローグ:ノルンへようこそ
第1章 基礎知識
第2章 回帰分析
第3章 重回帰分析
第4章 ロジスティック回帰分析
付録 Excelで計算してみよう!

 

森口岳「女たちは踊ることができるか? ーカンパラのバーガールのシティズンシップとその「主体性」への再考」『文化人類学』2018年, 83巻, 2号, p.213-232

本文

本稿で取り扱うのはアフリカの貧困女性たちのウガンダカンパラの都市社会において、家族的なものと性的なものの二つのシティズンシップと、その二つの領域を行き来するバーガールたちの「主体性」をめぐる諸実践についてである。

カンパラの郊外・スラムにおいて、女性の貧困問題はその社会の「シティズンシップ」の構成要素と密接に関連している。なぜならば、国家の社会保障が確立されていないウガンダの都市社会においては、親族・家族などの関係性に女性は大きく依存し、経済活動も独身か既婚かなどの女性の社会的地位に左右されるからである。そのような女性たちのシティズンシップは家族的なもの(familial citizenship)を通して、社会的発言や保障が実現されるが、その一方でその状況は独身女性(途中で学校教育をドロップアウトした十代の女性も含む)や離婚女性などに特に抑圧的に働き、女性を家族的なシティズンシップ内でどうしても従属的なものとする。だが、その一方でカンパラの貧困女性たちはその性的なプレゼンスを(性を家庭内のみに封じこめようとするパターナルな抑圧に対抗しながらも)発揮し、ある種の性的なシティズンシップ(sexual citizenship)の領域を創り上げている。

そのため、本稿では東アフリカの女性を取り巻く社会環境(特に都市部)と、彼女たちの誘惑と自己決定の問題に焦点をあて、セクシュアリティとシティズンシップの関係性について考察を述べていきたい。特に本稿で取り上げる「踊り」は、主体と客体の、能動と受動の間を誘惑することで戯れる一つの事例としてある。そのため本稿の目的は、「女たちが踊る」シーンを取り上げることで、彼女たちの「踊り」の実践の自己決定性を問い、シティズンシップの希求を内包するエージェンシーのあり方を吟味することである。

小田 亮 2012 「『日常的抵抗』論の可能性―― 異種混淆性/ 脱領土化/クレオール性再考」http://d.hatena.ne.jp/araiken/20120914/1347624919(2017年11月7日閲覧)。

齋藤圭介「質的比較分析 (QCA) と社会科学の方法論争」『社会学評論』2017年, 68巻, 3号, p.386-403

本文

社会科学の分野において, 政治学者を中心に1990年代後半から定量的研究と定性的研究のあいだで方法論についての論争が生じた. 定量的な方法論が定性的なものよりも科学的であるという主張にたいし, 定性的研究者は反論する過程で方法論・手法を洗練させていく.

本稿の目的は, こうした定性的研究者の新たな方法論のうち質的比較分析 (QCA) に注目をし, 社会科学の分野で生じているこの方法論争を検討することで, 社会学で目下進んでいる方法論の多様化に積極的な意義を見いだすものである.

本稿の構成は以下のとおりである. まず定量的・定性的研究という枠組みで方法論争が先鋭化した社会科学の方法論争を取り上げ, そこでの論点を整理する (2節). 続いてQCAの方法論を概観したのち (3節), 定量的手法とQCAの支持者たちが, 定量と定性の方法論をめぐる論点にたいして, どこに・いかに対立しているのかを確認する (4節). 以上の議論をまとめ, 方法論の対立は, 単なる手法 (テクニック) 上の違いにとどまらずその方法論が拠って立つ世界観にまで及ぶ根深い問題であることを指摘し, 方法論間にあるトレードオフの問題を考察する. そして現在の社会学の方法論の多様化という現状の理解に資する知見を導出し結論とする (5節).

佐藤健二, 2011, 『社会調査史のリテラシー――方法を読む社会学的想像力』新曜社

社会調査史のリテラシー

社会調査史のリテラシー

  • 作者:佐藤 健二
  • 発売日: 2011/02/01
  • メディア: 単行本
 

野村康, 2017, 『社会科学の考え方――認識論, リサーチ・デザイン, 手法』名古屋大学出版会.

社会科学の考え方―認識論、リサーチ・デザイン、手法―
 

石田淳, 2017, 『集合論による社会的カテゴリー論の展開――ブール代数と質的比較分析の応用』勁草書房.

ガーツ, Goertz, G. and J. Mahoney, 2012, A Tale of Two Cultures: Qualitative and Quantitative Research in the Social Sciences, Princeton, NJ: Princeton University Press.

=2015, 西川賢・今井真士訳『社会科学のパラダイム論争――2つの文化の物語』勁草書房.

 

岩村忍著『暗殺者教国-イスラム異端派の歴史』(1964→1981→2001)

 

暗殺者教国―イスラム異端派の歴史 (ちくま学芸文庫)
 

ニザリ・イスマイリ教国を奇怪という言葉だけで片付けるわけにはいかない。暗殺を政治手段とするこの王国は、10世紀末から13世紀央まで、バグダードのカリフ朝に拮抗する宗教的権威をもった。武力的・政治的にはセルジューク帝国と対抗し、世界の3分の2を当時席捲したモンゴル帝国とも敵対した。つまりこの暗殺者教国は、決して一時的、変則的現象とはみなせないのだ。ならば、この教国の奇怪な活動の基底には何があったのか―その全貌に迫る。

ゴールバント渓谷のイスマイリ派/アッサシン(暗殺者)の由来/ニザリ教団とその開祖/暗殺者の王国/ニザリとセルジューク・トルコ族/チンギス・ハーン中央アジア征伐/首都カラコルム/モンゴル将軍ギドブハ/ニザリ教団の滅亡/天文学者と歴史家の邂逅/ギドブハの死/イスマイリの復興/ニザリ思想の系譜と展開/ニザリ城寨の遺蹟/解説(鈴木規夫)