ロイ・リチャード・グリンカー著,高橋洋訳『誰も正常ではない-スティグマは作られ、作り変えられる』(2021=2022)

 

正常・異常をめぐるスティグマは、ただ漫然と生じたものではない。科学や医学はつねに権威をもって「異常」とすべきもののカテゴリーを作りだし、それはコミュニティを通して社会的・文化的に学習されてきた。本書はおもに精神疾患発達障害スティグマを中心に、スティグマが構築と再構築を重ねてきた変遷の力学を、18世紀以降、複数の戦時期を経て、高度に経済化した今日の社会に至るまでたどる。
しかし、だからこそスティグマとは本質的に、私たちの手で流れを変えうる「プロセス」であると著者は言う。汚辱や秘匿がいまだに残っている一方で、もはや「誰も正常ではない」と言えるほど、正常者・異常者を語るスティグマはその足場を失い、心身の障害を人間の多様性の一部として受け容れる潮流こそが勢いを集めつつある。
資本主義、戦争、身体‐心という三本の軸に沿って、本書は構成されている。著者は文化人類学者ならではの視点で、近年の「生物医学」化や、PTSD概念の功罪、非西欧的な価値観にも触れながら、歴史を多角的に描き出すことに成功している。
加えて、いずれもアメリカ精神医学界のキーパーソンであった著者の曾祖父、祖父、父、そして自閉症の娘をもつ著者自身という、四世代の個人の視点からミクロに捉えた史実が織り込まれているのも、本書のユニークな趣向だ。

はじめに──ベドラムから戻る道

第I部 資本主義
第1章 「自立」のイデオロギー
第2章 精神病の発明
第3章 分裂した身体──性と分類
第4章 分裂した心

第II部 戦争
第5章 戦争のさまざまな帰結
第6章 祖父がフロイトから得たもの
第7章 戦争はやさし
第8章 ノーマとノーマン
第9章 忘れられた戦争からベトナム戦争
第10章 心的外傷後ストレス障害
第11章 病気の予期

第III部 身体と心
第12章 病気の可視化
第13章 他のどんな病気とも変わらない病気?
第14章 ECTという魔法の杖
第15章 心について話す身体
第16章 ネパールで身体と心の橋渡しをする
第17章 リスクを負うことの尊厳

結論──スペクトラムについて

謝辞
訳者あとがき

 

ドン・ウィンズロウ著,田口俊樹訳『業火の市』(2021=2022)

 

業火の市 (ハーパーBOOKS)

業火の市 (ハーパーBOOKS)

Amazon

1986年アメリ東海岸。ダニーは通称ドッグタウンを仕切るアイルランド系マフィア・ファミリーの片隅に身を置いているが、昔からの仲間と平穏に暮らしている。
ところがある日、長らく共存共栄してきたイタリア系マフィア・ファミリーとの間に小さな諍いが起き、歯車が狂い始める。
やがて報復は一線を越え、ダニーは否応なく復讐と裏切りに血塗れた抗争に引きずり込まれていき――。
壮大な叙事詩の幕開け!

 

ステファニー・ケルトン著,土方奈美訳『財政赤字の神話-MMTと国民のための経済の誕生』(2020=2020)

 

政府は通貨の発行体であり、無限の支出能力を持つ。緊縮なんてもってのほか、国民の幸福のための財政出動を! MMT(現代貨幣理論)の主唱者が財政赤字にまつわる6つの神話を撃破し、これからの経済を革命するNYタイムズ・ベストセラー。解説/井上智

日本版序文 「財政赤字」こそ、コロナショックを脱する唯一の道である
序章 バンパーステッカーの衝撃
第1章 家計と比べない
第2章 インフレに注目せよ
第3章 国家の債務(という虚像)
第4章 あちらの赤字はこちらの黒字
第5章 貿易の「勝者」
第6章 公的給付を受ける権利
第7章 本当に解決すべき「赤字」
第8章 すべての国民のための経済を実現する

 

藤原辰史著『トラクターの世界史-人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』(2017)

 

19世紀末にアメリカで発明されたトラクター。直接土を耕す苦役から人類を解放し、作物の大量生産を実現。近代文明のシンボルとしてアメリカは民間主導、ソ連ナチス・ドイツ、中国は国家主導により、世界中に普及する。だが農民や宗教界の拒絶、化学肥料の大量使用、土壌の圧縮、多額のローンなど新たな問題・軋轢も生む。20世紀以降この機械が農村・社会・国家に何をもたらしたか、日本での特異な発展にも触れて描く意欲作。

第1章 誕生―革新主義時代のなかで
第2章 トラクター王国アメリカ―量産体制の確立
第3章 革命と戦争の牽引―ソ独英での展開
第4章 冷戦時代の飛躍と限界―各国の諸相
第5章 日本のトラクター―後進国から先進国へ
終章 機械が変えた歴史の土壌

 

金井久美子,金井美恵子著『鼎談集 金井姉妹のマッド・パーティーへようこそ』(2021)

 

蓮實重彦大岡昇平西江雅之篠山紀信ら9人のゲストを迎えてくり広げられる知的興奮に満ちた鼎談集。相手への敬意と、尊敬とちょっぴりの揶揄……。会話の楽しみがすべて詰まった鼎談集。

 

田島悠来編『アイドル・スタディーズ -研究のための視点、問い、方法』(2022)

 

これまでの研究動向を整理しつつ、最新の研究事例や実践を紹介することで、アカデミックな領域でアイドル研究を行うことの意義と可能性を示す。アイドル研究/ファン研究に関心をもつ人すべてに、文化現象から社会を問いなおすための視点と問いの立て方、方法を提供。

序章 アイドル・スタディーズへの招待[田島悠来]

第Ⅰ部 アイドル研究の展開

第1章 「アイドル」はどのように論じられてきたのか[田島悠来]
 コラム1 「アイドル」の見方とその研究方法[田島悠来]
第2章 アイドルは労働者なのか――「好きなこと」を「やらせてもらっている」という語りから問う[上岡磨奈]
第3章 アイドルが見せる「夢」――アイドルの感情労働[石井純哉]
 コラム2 自分の環境をもとに研究活動をデザインすること[石井純哉]

第Ⅱ部 アイドルのジェンダーセクシュアリティ

第4章 異性愛規範と「恋愛禁止」はいかに問い直されるか[香月孝史]
 コラム3 アイドルに投影されるもの[香月孝史]
第5章 性を装うアイドル――演じる/演じない手段として[上岡磨奈]
第6章 アイドル楽曲の鑑賞と日常美学――自己啓発という観点から[青田麻未]
 コラム4 芸術と日常のあいだで[青田麻未]

第Ⅲ部 ファン研究の射程

第7章 語る方法としてのアイドル関連同人誌[関根禎嘉]
第8章 アイドル文化におけるチェキ論――関係性を写し出すメディアとして[上岡磨奈]
 コラム5 新型コロナウイルスとアイドル産業[上岡磨奈]
第9章 ファンの「心の管理」――ジャニーズJr.ファンの実践にみるファンの「感情管理/感情労働」[大尾侑子]
第10章 台湾ジャニーズファンへのまなざし――「日本時間」の文化実践とファン・アイデンティティ[陳怡禎]

第Ⅳ部 アイドル研究領域の拡大

第11章 日本文化としてのアイドル――インドネシアの動向を事例に[上岡磨奈]
 コラム6 JKT48を好きになってみた[上岡磨奈]
第12章 「異なる文化圏のアイドル」はいかに評価されるか――日韓合同K-POPオーディション番組『PRODUCE 48』を事例として[松本友也]
 コラム7 声優とアイドル[中村香住]
第13章 台湾社会運動の場における「アイドル」文化現象[陳怡禎]
 コラム8 アイドル・アーカイブ試論――アイドル・オントロジー構築に向けて[関根禎嘉]

 あとがき[田島悠来]
 執筆者紹介

池田太臣「共同体、個人そしてプロデュセイジ : 英語圏におけるファン研究の動向について」『甲南女子大学研究紀要. 人間科学編』2013, 49号, p.107-119. 既読

池田『「女子」の時代!』既読

ジェンキンズ, ヘンリー『コンバージェンス・カルチャーーファンとメディアがつくる参加型文化』

カキン オクサナ「「未熟さ」を磨き、愛でる ―ファン行動に見るアイドル育成の文化的側面―」『人間文化創成科学論叢』人間文化創成科学論叢 21 223-230, 2019

南「〈サヴァイヴ系〉と〈空気系〉の狭間で : AKB48そして乃木坂46」國立臺中科技大學語文學院 編 5 25-42, 2017-06

難波「アイドルを声援することの系譜学」『応援の人類学』

大尾「ファンの愛情か、音楽チャートの撹乱か? ── K-POPアイドルファンの「スミン」行為にみる “越境する”協働」『アジア文化』39: 95-106【リンク

田中「ライブアイドル,共同体,ファン文化―アイドルの労働とファン・コミュニティ」田中編『出来事から学ぶカルチュラル・スタディーズ

上岡「アイドル文化における「チェキ」 : 撮影による関係性の強化と可視化」『哲學』 147 135-159, 2021-03【リンク

七瀬『<推し>が最高に尊くなる ツーショットチェキポーズ』

 

古田徹也著『それは私がしたことなのか -行為の哲学入門』(2013)

 

自然法則に支配され,運に翻弄されているかに見える人間。意のままにならないこの世界で,われわれはどこまで自由なのか。「私」という不完全な行為者の意思,責任,倫理を問い直し,生きることの核心へと切り込む行為の哲学入門書。

それは私がしたことなのか――目次

はじめに

第1章 行為の意図をめぐる謎
1―1 「手をあげる」―「手があがる」=?
1―2 出来事を引き起こす心の働きとは何か
1―3 意図をめぐる問題―そもそも意図とは何か
1―4 機械の中の幽霊―ライルによる物心二元論批判
1―5 機械の―「心→脳」と巻
1―6 決定論を支持するかに見えたる一科学的な知見の検討
コラム・ 心身問題の行方

第2章 意図的行為の解明
2―1 意図と信念の諸特徴
2―2 心をめぐる「一人称権威」は何を意味するのか
2―3 心の「隠蔽説」を超えて
2―4 行為の理由と原因
2―5 心は身体の中には存在しない
2―6 意図せざる行為の存在
コラム・ 現代の英語圏の行為論の流れ

第3章 行為の全体像の解明
3―1 意図性の薄い行為―やむをえない行為、他人からの強制に従う行為
3―2 意図せざる行為・―「悪質な過失」について
3―3 意図せざる行為・―「純然たる過失」について
3―4 意図せざる行為・―悲劇と行為者性
3―5 意図せざる行為の全体像
3―6 行為の全体像
コラム・ 共同行為について

エピローグ 非体系的な倫理学
あとがき
索引