2014-10-13から1日間の記事一覧

富永健一『社会変動の中の福祉国家ー家族の失敗と国家の新しい機能』メモ

2001年。富永健一による福祉国家論。元来、理論社会学を専門とする富永だが、95年の中公新書『社会学講義』に、「都立六中いらいの旧友である吉原健二氏(もと厚生省事務次官で、和田勝氏と共著で『日本医療保険制度史』(2000)と題する大著を出された)か…