須賀しのぶ著『革命前夜』(2015→2018)

 

革命前夜 (文春文庫)

革命前夜 (文春文庫)

 

バブル絶頂期の日本を離れ、東ドイツに渡った一人の日本人留学生。住民が互いに監視しあう灰色の町で彼が出会ったのは、暗さのなかから生まれる、焔のような音楽だった。冷戦下のドイツを舞台に、日本人音楽家の成長を描く歴史エンターテイメント!