D. ウェイド・ハンズ著, 高見典和, 原谷直樹, 若田部昌澄訳『ルールなき省察-経済学方法論と現代科学論』(2001=2018)

 

ルールなき省察――経済学方法論と現代科学論

ルールなき省察――経済学方法論と現代科学論

 

経済学の歴史、方法論、哲学の21世紀のスタンダード。長年論争の続いた経済学方法論の領域を、科学哲学・科学論の影響を中心に、広範にサーヴェイした世界的標準テキスト。

日本語版序文
序文

第1章 序論
 1.1 経済学方法論
 1.2 現代の科学論
 1.3 主題を変更する
 1.4 読者への案内

第2章 経済学の方法論的伝統
 2.1 経済学方法論のミル的伝統
 2.2 他の実証主義的見解

第3章 科学哲学における「定説」の崩壊
 3.1 科学哲学における「定説」
 3.2 「定説」への攻撃
 3.3 第一戦目の応答
 3.4 自然主義的転回への舞台設定

第4章 自然主義的転回
 4.1 認識論を自然化する
 4.2 心理学と,知識に対する認知的アプローチ
 4.3 ダーウィンからの励まし:進化論的認識論
 4.4 消去的唯物論心の哲学

第5章 社会学的転回
 5.1 社会と科学知識
 5.2 科学知識の社会学
 5.3 自然,社会,SSK,経済学

第6章 プラグマティズム,対話,立場
 6.1 プラグマティズム的転回
 6.2 ネオ・プラグマティズムと対話的転回
 6.3 フェミニズム認識論と経済学

第7章 経済学方法論の近年の発展
 7.1 ポパーの伝統
 7.2 ミルの伝統
 7.3 実在論のテーマ
 7.4 認知的および意味論的テーマ

第8章 経済学的転回
 8.1 現代科学論における経済学的転回
 8.2 科学の経済学
 8.3 科学知識の経済学(ESK)
 8.4 経済学的転回に関する結論

第9章 結論
 9.1 新しい経済学方法論から得られる教訓
 9.2 関連するいくつかの懸念

 

太田邦史著『「生命多元性原理」入門』(2018)

 

「生命多元性原理」入門 (講談社選書メチエ)

「生命多元性原理」入門 (講談社選書メチエ)

 

なぜ地球上には八七〇万種もの生物が存在するのか?遺伝、発生、進化…なぜかくも複雑なシステムが生まれたのか?「多様性」をキーにして、DNA組換えやエピゲノム、進化や発生の原理など、最先端生物学の核心を明快に解説。さらに、最新の生命像と現代思想との共鳴を発見しながら、わたしたち人間にとって根源的な「多元性」の原理へと読者を誘う。トップランナー研究者による、驚異の生命科学入門

第一章 地球生命史から考える
第二章 DNAから考える
第三章 究極的目的から考える
第四章 「個体」と「発生」から考える
第五章 生命の多元性、人間の多元性

 

網谷祐一著『理性の起源ー賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ』(2017)

理性があることは進化で有利なのか。どのようなかたちの理性が進化したのだろうか。最新の諸科学の成果をふまえながら、ヒトらしさの根源に迫る知的エンタテイメント。

序章 理性はなぜ進化論の問題になるのか
 1 なぜ理性なのか
 2 理性って何?
 3 理性はなぜ進化論の問題になるのか
 4 理性の起源がなぜ哲学の問題になるのか
 5 本書の構成
第1章 進化と理性の二つの問題
 1 五分でわかるダーウィン進化論の基礎
 (1) 自然選択の仮想例——シマウマの足の速さ
 (2) いくつかの注意
 2 自然選択説は人間行動をどう説明するか
 (1) つわりの進化
 (2) ストリップバーでのチップの額を進化から説明する
 3 理性が進化したと考えてよい二つの理由
 4 理性が進化したと考えるときに残る二つの問題
第2章 そもそも人間は理性的なのか
 1 論理・確率クイズ——なぜこんな問題を間違うのか
 2 人間はほんとうに理性的か——四つの回答
 〈ボックス① リンダ問題の亜種〉
第3章 理性は本当に進化で有利なのか
 1 理性は自然選択で進化する
 2 理性は自然選択で進化するとは限らない
 3 理性をモデル化すると……やっぱり理性は進化できる
 (1) どういうときに理性的に学ぶことが有利になるのか
 (2) 推論能力の進化をモデル化する
第4章 どのようなかたちの理性が進化したか
 1 人間はどのように理性的か——シンプル・イズ・ラショナル?
  〈ボックス②〉 〈テイク・ザ・ベスト〉ヒューリスティック
  2 それではシンプルすぎる 
 (1)ヒューリスティックスだけでは人間の理性は捉えられない
 (2)複雑な世界、あるいは駆け引きの問題
 3 一つの脳に二つの理性——二重過程説
 (1) 二つのプロセスの性質
 (2) 二重過程説への誤解——熟慮的理性を使うことがいつも正しいわけではない
 〈ボックス③〉 「理性」と「知能」の区別
 4 「熟慮的理性」の進化
 (1) 熟慮的理性の基盤としての仮定的思考
 (2) 心的リハーサル
 (3) 心的リハーサルの利益とコスト
 (4) 心的リハーサルの進化——ヒトと類人猿との共通点
 (5) ヒトと類人猿との相違点
 〈ボックス④〉 理性の議論説
 〈ボックス⑤〉ヒト=儀礼する動物?
第5章 科学を生み出した理性
 1 狩猟採集民の「科学的」思考
 (1) 推測的トラッキング
 (2) 擬人化による推論
 2 科学的推論の基盤
  おわりに

109「もし理性が自然選択によって進化したとしたら、どのような形の理性が進化するだろうか。この章では右の問いへの答えとして、まずヒューリスティックと呼ばれる簡便的な思考法を使っていることが人間が理性的であることなのだ、というドイツの進化心理学者G・ギゲレンツァの説を紹介する。しかしこれには、人間の心の中では二つの種類の情報処理過程が働いているとする二重過程説(二重仮説とも呼ばれる)という強力な批判がある。この説はヒューリスティックを主に直観的情報処理過程(直観的理性)のはたらきとして解釈する。するともう一種類の情報処理過程(熟慮的過程)の進化が問題となる。これについては、特に熟慮的理性の大きな特徴とされる「仮定的思考」に焦点を当て、これを支える「心的リハーサル」という能力に理性の起源の核心がある可能性を指摘する」
111「ヒューリスティックとはなんだろうか。一言で言うと、これは複雑な問題を比較的単純な少数の手がかりからそこそこ満足のいく仕方で解決するために使う簡便法だ」
114 認識ヒューリスティック:自分が知っている選択肢をそうでないものよりも選ぶという戦略
115 生態学的理性:心理学の実験室の外で、実際に知的能力を使う環境で
115 限定合理性, ハーバート・サイモン
133 カーネマン『ファスト&スロー』

221 伊藤『人間的な合理性の哲学』岡部『合理的とはどういうことか』

人間的な合理性の哲学―パスカルから現代まで

人間的な合理性の哲学―パスカルから現代まで

合理的とはどういうことか (講談社選書メチエ)

合理的とはどういうことか (講談社選書メチエ)

長谷川『進化論とはなんだろうか』
進化とはなんだろうか (岩波ジュニア新書 (323))

進化とはなんだろうか (岩波ジュニア新書 (323))

226 ボイド, シルク『ヒトはどのように進化してきたか』『心は遺伝子の論理で決まるのか』
ヒトはどのように進化してきたか

ヒトはどのように進化してきたか

心は遺伝子の論理で決まるのか-二重過程モデルでみるヒトの合理性

心は遺伝子の論理で決まるのか-二重過程モデルでみるヒトの合理性

コリン・ブルース著, 和田純夫訳『量子力学の解釈問題ー実験が示唆する「多世界」の実在』(2004=2008)

量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)

量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)

「意識をもつ観測者」が状態を収縮させる力を認めるか、自分のコピーが無数に存在することを受け入れるか―。長らく信じられてきた「コペンハーゲン解釈」に代わり、最近の実験は「多世界解釈」を明確に支持している。本書は、解釈問題の歴史を丁寧に振り返ったうえで、並行世界を利用して“爆弾”を検知しているとしか思えない驚きの実験などを紹介しながら、なぜ「多世界解釈」が合理的なのかを論証していく。

第1章 不思議な世界
第2章 従来の描像に固執すると
第3章 推論による収縮
第4章 拡大されたホラー物語
第5章 先人の証言
第6章 ヒルベルト空間に移動せよ
第7章 望まれる局所性
第8章 多世界への導入
第9章 多世界を利用する1――信じがたい観測
第10章 多世界を利用する2――量子コンピュータ
第11章 多世界解釈の推進者たち
第12章 多世界の恐怖
第13章 古典戦士――ロジャー・ペンローズ
第14章 新時代の戦士――アントン・ツァイリンガー
第15章 多世界解釈の証明と改良

安東正樹著『重力波とはなにか―「時空のさざなみ」が拓く新たな宇宙論』(2016)

地球から太陽までの距離で、水素原子1個分の伸び縮み―とても可能とは思えない微小な波の観測に、「予言」から100年で人類はついに成功した!それは、われわれの宇宙観をどう変えるのか?本質を理解するために知っておきたいことを重力波研究のリーダーがやさしく濃く解説!

第1章 重力波の前に
第2章 これが重力波
第3章 重力波の存在証明
第4章 重力波観測への挑戦
第5章 進化する「第二世代」
第6章 重力波の初観測
第7章 重力波天文学でわかること
第8章 重力波が変える宇宙論
第9章 究極の重力理論を求めて