牧野智和著『日常に侵入する自己啓発-生き方・手帳術・片づけ』(2015)

 

日常に侵入する自己啓発: 生き方・手帳術・片づけ

日常に侵入する自己啓発: 生き方・手帳術・片づけ

 

自己啓発書はどのように生み出され、誰によってどのように読まれているのか。自己啓発書には結局のところ何が書かれてあるのか。各年代の生き方指南書、「手帳術」ガイド、掃除・片づけで人生が変わるとする書籍、さらには自己啓発書の作り手と読者へのインタビュー、質問紙調査の分析から「自己啓発の時代」を総合的に考究する。

はじめに

第一章 ハビトゥスとしての自己啓発
 1 日常を差異化する自己啓発
 2 ハビトゥスとしての自己啓発
 3 「自己啓発界」の構造
 4 自己啓発書の読者とは誰か
 5 「薄い文化」としての自己啓発書購読
 6 本書の目的と分析枠組

第二章 「ヘゲモニックな男性性」とそのハビトゥス――男性向け「年代本」の分析
 1 煽るメディアとしての男性向け「年代本」
 2 「群れ」からの脱出――二〇代論
 3 仕事・プライベートの一元的統御――三〇代論
 4 「自分らしさ」の再文脈化――四〇代論
 5 細分化される人生

第三章 「自分らしさ」という至上原理――女性向け「年代本」の分析
 1 迷い・悩みのメディアとしての女性向け「年代本」
 2 「自分らしさ」という賭金=争点
 3 自分らしさ志向の際限なき適用
 4 「女らしさ」からの離脱?
 5 自分らしさ志向の系譜

第四章 「今ここ」の節合可能性――手帳術本の三五年史
 1 「日常」に特化したジャンルとしての手帳術
 2 手帳語りの始まり――一九七九年
 3 手帳術の発見――一九八〇・九〇年代
 4 手帳術と「夢」の節合――二〇〇〇年代前半
 5 手帳術の細密化と飽和――二〇〇〇年代後半以降
 6 日常感覚を共有するコミュニティの形成

第五章 私的空間の節合可能性――家事の自己啓発的転回と私的空間の聖化
 1 「片づけ」で人生が変わる?
 2 掃除の「発見」
 3 整理・収納論における自己啓発的転回
 4 私的空間の節合可能性――「捨てる」・シンプルライフ・風水
 5 聖なる私的空間の消費

終章 自己啓発の時代のゆくえ
 1 「アイデンティティ・ゲーム化」というアイデンティティ・ゲーム
 2 「コントロール可能性への専心」というハビトゥス
 3 自己啓発の時代のゆくえ

あとがき
参考文献
索 引

 7 岡原『感情資本主義に生まれて―感情と身体の新たな地平を模索する』

 17 加島『文化人とは何か』 

文化人とは何か?

文化人とは何か?

 

 

遠藤英樹, 松本健太郎, 江藤茂博編著『メディア文化論[第2版]』(2013→2017)

 

メディア文化論[第2版]: 想像力の現在 (シリーズ メディアの未来)

メディア文化論[第2版]: 想像力の現在 (シリーズ メディアの未来)

 

 多様な形態のメディアが発達を遂げた現在、私たちをとりまく文化はどのように変容しているのか。身近なメディア文化を題材に、多角的に読解し、ディスカッションへと誘う好評テキストを大幅にアップデート。

第I部 メディアと文化の関係性を問い直す
第1章 バックミラーのなかのメディア文化:テクノロジーの隠喩的理解をとらえなおす(松本健太郎)
1 はじめに  
2 バックミラーごしにみえる「今」  
3 メディア・テクノロジーの隠喩的理解①:フータモの「トポス概念」
4 メディア・テクノロジーの隠喩的理解②:タークルの「インタフェース・バリュー」
5 メディア・テクノロジーの隠喩的理解③:ユールの「カジュアル革命」
6 おわりに 

第2章 貨幣というメディア:その機能と両義性(山本泰三)
1 はじめに 
2 メディアとしての貨幣 
3 万物の商品化 あるいは資本という形式
4 「売り」と「買い」 
5 賃労働:商品世界で働くこと
6 金融化する世界
7 貨幣の両義性 

第3章 「移動(モビリティ)の時代」におけるメディア的想像力:
「オタク」の終焉,「リア充」の終焉(遠藤英樹)
1 はじめに 
2 移動(モビリティ)の時代
3 〈新たな現実〉を生成させる移動(モビリティ)
4 「移動(モビリティ)の時代」におけるメディア的想像力
5 おわりに:「オタク」の終焉,「リア充」の終焉

第4章 メディアとしての地図の変容:グーグルマップから考える地図の想像力のゆくえ(松岡慧祐)
1 はじめに:メディアとしての地図
2 地図が表象するもの
3 地図の個人化  
4 地図の断片化 
5 おわりに:デジタル地図の新たな権力と想像力


第II部 社会関係からみるメディア文化

第5章 パワースポットの想像力と変容:メディア・ツーリズム研究の可能性(山口 誠)
1 パワースポット化する神社?
2 ニューエイジ的パワースポット(1980年代~2001年)
3 スピリチュアル的パワースポット(2002年~2009年)
4 デトックス的パワースポット(2010年~現在)
5 おわりに:メディア・ツーリズムと社会的想像力

第6章 メディアが「地域」を創る時代:コミュニティFMが創造する場(寺岡伸悟)
1 はじめに
2 メディアに「作られる」地域イメージ
3 作られることを「活かす」地域イメージ
4 コミュニティFM:メディアを飼いならす
5 地域メディアが創造する場 
6 おわりに 

第7章 パブリック・スピーキングとメディア社会:
アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』を起点に(小西卓三)
1 はじめに 
2 パブリック・スピーキング,プレゼン,伝え方 
3 パブリック(公共性)とスピーキング(語り)の変容,および現行のパブリック・スピーキング教育実践 
4 結びにかえて:メディア時代のパブリック・スピーキングに向けて

第8章 ネット時代の自助活動:精神疾患を患う人々を事例として(前田至剛)
1 はじめに
2 精神疾患患者にとっての自助活動とネット
3 個人化とネット時代の自助
4 おわりに 

第9章 写真における障害者の身体:
「最後の人々」から「ポジティヴ・エクスポージャー」へ(塙 幸枝)
1 はじめに
2 「最後の人々」としての障害者表象 
3 「ポジティブ・エクスポージャー」における障害者表象
4 障害者の身体をめぐる両義性 
5 おわりに


第III部 映像表象からみるメディア文化

第10章 クリエイター化するプレイヤー:「プレイヤー空間」から派生したゲーム実況動画を考察する(山﨑裕行)
1 はじめに 
2 ゲーム史のなかで「ゲーム実況」がもつ意味
3 クリエイター化するプレイヤー 
4 「物語生成」からみるゲーム実況
5 企業の関与:ゲーム実況動画をめぐる外的要因
6 おわりに

第11章 マンガの「政治的無意識」:身体性を伴う「移動(モビリティ)」の反転像(ネガフィルム)(遠藤英樹)
1 はじめに
2 マンガから社会を見る  
3 社会の反転像(ネガフィルム)としてのマンガ
4 マンガと移動(モビリティ)

第12章 共鳴する身体と音:喜劇映画の「笑い」を増幅する音響効果(大傍正規)
1 喜劇映画がもたらす「笑い」とは何か
2 さかさまの世界に付随する音 
3 喜劇映画とアヴァンギャルド映画の架橋 
4 身体と音の共鳴

第13章 メディアを横断する少女:『時をかける少女』のメディアミックス(江藤茂博)
1 映像の中で変容する少女の物語
2 SFと純愛が出会う「記憶」の物語
3 『伊豆の踊子』との比較 
4 世代交代:「二次創作系」作品群の登場

 174 ユール『ハーフリアルー虚実のあいだのビデオゲーム

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

 

 

若林幹夫, 立岩真也, 佐藤俊樹編著『社会が現れるとき』(2018)

 

社会が現れるとき

社会が現れるとき

 

社会がごく自然に存在してしまうことへの疑いと驚き.社会の現れはどのように経験され,思考され,人びとの行為や関係と結びついてゆくのか.そこに立ち止まることから始まる社会学的な問いは,多様な研究対象や分析方法へとひろがる.研究の最前線を示す新しい社会学論集.

はじめに――「社会が現れるとき」と「社会学(のようなもの)が現れるとき」

1章「都市」をあることにする(若林幹夫)
1 「都市」をめぐる三つの言葉
2 「都市」という概念
3 「魚」はどう存在するか(あるいは、存在しないか)
4 「都市」はどのように社会的か
5 「大都市」――大きさの社会性
6  同時代的問題としての「都市」
7 「都市」をあることにする

2章 空間の自由/空間の桎梏――都市空間への複数のリアリティ(西野淑美)
1  都市の空間と社会
2 「地域」という括りのレリヴァンス
3 「都市生活」が反転するとき
4 「地域移動」をめぐるリアリティ
5 「社会」の現れ方の非均質性

3章 近代日本における地位達成と地域の関係――戦前期生まれ著名人の中等教育歴が語るもの(中村牧子)
1  問い――「著名人」はどこで生まれたか
2  なぜ中等教育に注目するのか
3  中学校教育の地域間格差
4  エリート著名人を生み出す教育の仕組み
5  エリートの出自と活躍領域の分化
6  非エリート著名人を生み出す教育の仕組み
7  戦前期日本社会の「階層構造」のすがた

4章「商売の街」の形成と継承――(五十嵐 泰正)
1  はじめに――アメ横というアポリア
2  アメ横における「歴史の不在」
3 「アメ横商法」とエスニシティをめぐる視線の交錯
4 変わり続ける「商売の街」
5 「商売の街」を継ぐということ

5章 誰が自治体再編を決めるのか――「平成の大合併」における住民投票の再検討(砂原庸介
1  はじめに
2 「平成の大合併」における住民投票の位置づけ
3  住民投票の分析
4  おわりに

6章「素人」の笑いとはなにか――戦後日本社会とテレビが交わるところ(太田省一
1  はじめに
2  テレビ東京から見る戦後
3 「素人」という鉱脈
4 社会的存在としての「素人」
5  おわりに

7章 でも、社会学をしている――(立岩 真也)
1  それでも社会学をしていると思う1
2  そう思う2――社会の分かれ目について
3  社会的、はパスした
4  もっとよくできた話も結局パスした
5 代わりに
6  ポスト、もパスした
7 戻って、素朴唯物論は使えるかもしれない

8章 社会が溶ける?――日韓における少子高齢化の日常化とジレンマ(相馬直子)
1  少子高齢化の日常化
2  少子高齢化社会があらわれるとき――少子高齢化社会におけるケアをめぐる問い
3 日韓社会の対応
4 「よさ」のコンセンサスなきジレンマ
5  二重化される課題と新たなケアワークの発見――ダブルケアがあらわれる瞬間
6  おわりに

9章 境界としての「思想」――歴史社会学的試論(遠藤知巳)
1 「思想」――弱化と分散
2  思想研究は何をしているか
3 「社会思想」と社会学――隠れた相互依存
4 「思想」の言説史へ
5 一九世紀西欧(1)――「思想」の実体化と発展史観
6 一九世紀西欧(2)「真理」の分立と潜在的相対化
7  日本社会と「思想」

10章 想像のネットワーク――シベリア・極東ユダヤ人におけるアイデンティティアウトソーシング鶴見太郎
1  共同体のアナロジーを超えて
2  相補的ハイブリッド性
3  シベリアのシオニスト
4  ハルビンシオニズム
5  むすび

11章 映画に社会が現れるとき――「ステラ・ダラス』(一九三七)の言語ゲーム(中村 秀之)
1  映画の解釈という言語ゲーム
2  フェミニズム映画理論の「女性観客」
3  スタンリー・カヴェルの「普通の人間」
4  〈階級の顕な傷〉と映画の身体

12章 自己産出系のセマンティクス――あるいは沈黙論の新たな試み(佐藤俊樹
1  自己産出系論の公理系
2  理解社会学の二つのモデル
3  自己産出系の syntax との対応
4  制度の挙動をとらえる
5 「行為の意味を理解する」ことの定式化
6  ベイズ統計学の枠組み
7 行為の意味を推定する
8  解釈度を変数としてあつかう
9 自己産出系と解釈度
10  意味を「分布」としてあつかう
11 沈黙を測る

社会は現れる――一つの解題として(佐藤俊樹

 

『現代思想 2019年6月号 特集 加速主義-資本主義の疾走、未来への〈脱出〉』

 

現代思想2019年6月号 特集=加速主義――資本主義の疾走、未来への〈脱出〉

現代思想2019年6月号 特集=加速主義――資本主義の疾走、未来への〈脱出〉

 

 加速主義という新たな思想的潮流。そこでは根底的な社会変化を引き起こすために、資本主義制度、あるいはそれを歴史的に特徴づけてきた技術的プロセスを、あえて拡大し、再利用し、加速するべきであるとされる。閉塞感に満ちた現代社会を打破するような不思議な力によって、それは私たちを否応なく変えてくれるのではないか、あるいは変えてしまうのではないか――そういった来たるべきなにかへの期待と不安が渦巻いているなか、加速主義のもつ可能性を、その新反動主義の一面も含めて明らかにする。

【討議】
加速主義の政治的可能性と哲学的射程 / 千葉雅也+河南瑠莉+S・ブロイ+仲山ひふみ

【加速主義の源流】
暗黒啓蒙(抄) / N・ランド/五井健太郎訳・解題

【資本主義のはざまで生きる】
転形期の未来――新反動主義かアシッド共産主義か / 水嶋一憲
気をつけろ、外は砂漠が広がっている――マーク・フィッシャー私論 / 木澤佐登志

【継承と共鳴】
さまよえる抽象 / R・ブラシエ/星野太訳・解題
加速主義から思弁的実在論へ――ブラシエとグラント / 浅沼光樹
死の向こう側 / 小倉拓也

【解放への道程】
『加速主義読本』序論(抄) / R・マッカイ+A・アヴァネシアン/小泉空訳
加速主義の系譜学――『加速主義読本』序論解題 / 小泉空
ポスト労働社会の想像と四つの要求 / 川村覚文

【幻視される特異点
ゲーデル・シンギュラリティ・加速主義――近代以降の世界像の変容とその揺り戻し / 丸山善
The System of Hyper-Hype Theory-Fictions / 樋口恭介

【複数化する未来線】
啓蒙の終わりの後に、何が始まろうとするのか? / Y・ホイ/河南瑠莉訳・解題
ブロメテアニズム / A・ギャロウェイ/増田展大訳・解題

フェミニズムによる応答】
プロメテアン労働とドメスティック・リアリズム / H・へスター/三浦尚仁+依田富子訳

【ここにある〈出口〉】
「大きな思想」と「小さな日常」が乖離するとき――ダークな思想を持った人たちの演出について / C・ローウィー
ティーヴ・グッドマン諸作における人類消滅後の全自動ホテルが示すもの / 髙橋勇人

 

連載●デミウルゴス●第三回
見取り図(三) / 磯崎新

連載●科学者の散歩道●第五九回
揺れる学界諸事――「戦後成長」の終焉とグローバル化 / 佐藤文隆

【研究手帖】

 

田島悠来著『「アイドル」のメディア史-『明星』とヤングの70年代』(2017)

 

「アイドル」のメディア史: 『明星』とヤングの70年代

「アイドル」のメディア史: 『明星』とヤングの70年代

 

新御三家」や「花の中三トリオ」などが誌面を飾るグラビアページや、ポスト団塊の世代のヤングたちが活発に議論をかわす読者ページの分析から、アイドル文化装置としての『明星』を解き明かす。

第1章 序論―『明星』から紐解く「アイドル」史
第2章 一九七〇年代の社会状況と『明星』
第3章 誌面における「アイドル」のイメージ
第4章 読者と「アイドル」との関わり方
第5章 雑誌の作り手側にとっての「アイドル」
第6章 『明星』と「アイドル」の変容
終章 結論

 

木澤佐登志著『ニック・ランドと新反動主義-現代世界を覆う〈ダーク〉な思想』(2019)

 

 思想の〈ダーク〉な最前線、ニック・ランド
新反動主義」あるいは「暗黒啓蒙」と呼ばれる、リベラルな価値観に否を突きつける暗く新たな思想潮流は、現代において陰に陽に存在感を示しつつある。本書では、その捉えがたい核心に三人の重要人物から迫っていく―ピーター・ティール、カーティス・ヤーヴィン、そしてニック・ランド。とりわけ哲学者ランドの思想に分け入ることが、本書のさらなる目論見である。ランドと、彼が率いた研究グループCCRUの影響圏は、「加速主義」「思弁的実在論」など近年の思想動向から、多様な領域における文化的プレイヤー、「ヴェイパーウェイヴ」のような文化現象にまで広範に及ぶ。〈ダーク〉な思想に目を向けて、初めて見えるものがある。

はじめに

1 ピーター・ティー

ピーター・ティールとは誰か
ルネ・ジラールへの師事
学内紛争にコミットする
主権ある個人、そしてペイパル創業へ
ニーチェ主義とティー
暗号通貨とサイファーパンク
「イグジット」のプログラム
「ホラー」に抗う
啓蒙という欺瞞、そして9・11

2 暗黒啓蒙

リバタリアニズムとは何か
「自由」と「民主主義」は両立しない
カーティス・ヤーヴィンの思想と対称的主権
新官房学
近代主義とその矛盾
人種問題から「生物工学の地平」へ

3 ニック・ランド

啓蒙のパラドックス
ドゥルーズ&ガタリへの傾倒
コズミック・ホラー
グレートフィルター仮説
クトゥルフ神話アブストラクト・ホラー
死の欲動の哲学
CCRUという実践
CCRUとクラブミュージック
ハイパースティション
思弁的実在論とニック・ランド
カンタン・メイヤスー
レイ・ブラシエ
ニック・ランドの上海

4 加速主義

加速主義とは何か
左派加速主義とマーク・フィッシャー
右派加速主義、無条件的加速主義
トランスヒューマニズムと機械との合一
加速主義とロシア宇宙主義
ロコのバジリスクと『マトリックス
ヴェイパーウェイヴと加速主義