工藤庸子著『政治に口出しする女はお嫌いですか?-スタール夫人の言論vs. ナポレオンの独裁』(2018)

 

女性は参政権をもたず良家の子女は男性同伴でしか外出できなかった時代、「男性=公共圏=政治」「女性=親密圏=家庭」という近代的なジェンダー秩序に斬りこみ、両者をつなぐ「インターフェース=社会=ソシエテ」としてのサロンを主宰、政治家、貴族、軍人、知識人を交流させ、本を書き、自らの声を政治に反映させた女性たちを、スタール夫人を中心に描く。

はじめに─政治と女性とヨーロッパをめぐるいくつかの問題提起

ヨーロッパは「民主主義」のモデルだろうか?
 スタール夫人とアレント
 「民主主義」という語彙
 サロンは「公共圏」か?
 「ソシエテ」とは何か?
 「精神」としてのヨーロッパ
 女性の姓と名

第1幕 アンシャン・レジームのサロン─女たちの声
 ロンドンで国会を見学する十歳の少女
 英才教育と語学力
 「世論」と「公開性」の政治家ネッケル
 十八世紀のソシアビリテ─文化としての会話
 ジョフラン夫人からネッケル夫人へ

第2幕 革命の勃発と立憲王党派のサロン─政治化する会話
 世論と革命と失神について
 「フランスの精神」が輝いたとき
 アメリカ独立革命とパリのアメリカ人たち
 ガヴァヌア・モリスの『日記』─アメリカ人の見たフランス革命

第3幕 恐怖政治からボナパルト登場まで─「黄金のサロン」と「活動」としての会話
 恐怖政治とは何であったのか?
 政治と雄弁と「活動」について
 共に考える伴侶バンジャマン・コンスタン
 将軍ボナパルトをめぐる幻想と幻滅

第4幕 レマン湖の畔コペのサロン─政治に文学が挑むとき
 『文学論』はなぜ違反的なのか?
 『デルフィーヌ』─結婚と離婚と宗教をめぐる「オピニオン小説」
 『コリンヌまたはイタリア』─女性の自立を求めて
 「口語的」な文学と断裁された『ドイツ論』

第5幕 反ナポレオンとヨーロッパの精神
 『自殺論』と亡命の旅─ロシア、スウェーデン、イギリス
 奴隷貿易の廃止は最後の「活動」となるだろう
 「巨大なパトス」としての自由─アレントとスタール夫人の革命論
 スイスから世界を見る
 おわりに─スタール夫人の「会話」からアレントの「言論」へ

補遺:スタール夫人の言葉(翻訳)
 ①─公開書簡『パリに集結した君主たちへの呼びかけ─黒人奴隷貿易廃止のために』(一八一四年)
 ②─ウィルバーホース宛て私信(一八一四年十一月四日)
 ③─トマス・ジェファソン宛ての私信(一八一七年二月十二日)

 

岩波敦子著『誓いの精神史-中世ヨーロッパの〈ことば〉と〈こころ〉』(2007)

 

言われた言葉には魔が宿る。誓いに込められた中世人の世界観を読み解く。誓いの言葉はなぜ間違えてはいけないのか。なぜ文書よりも言葉が重視されたのか。決闘の勝ち負けによって真偽が定まり、目撃していなくても事件の証人になることができる、その根拠はどこにあるのか。西洋中世の特異な習俗から、中世人の「こころ」に迫る。

第1章 ことばの射程
第2章 「誓い」の場
第3章 人を信じる「誓い」
第4章 人を縛る「誓い」
第5章 「誓い」の位相

 

アーサー・フェリル著, 鈴木主税, 石原正毅訳『戦争の起源-石器時代からアレクサンドロスにいたる戦争の古代史』(1985=1988→新版1999→2018)

 

戦争の起源 (ちくま学芸文庫)

戦争の起源 (ちくま学芸文庫)

 

人類誕生とともに戦争は始まった。先史時代からアレクサンドロス大王までの壮大なるその歴史をダイナミックに描く。地図・図版多数。 解説 森谷公俊

第1章 先史時代の戦争
第2章 古代近東の戦争
第3章 アッシリアとペルシア―鉄の時代
第4章 古典期ギリシアの戦争
第5章 軍事革命
第6章 アレクサンドロス大王と近代戦の起源

 

小田中直樹著『フランス現代史』(2018)

 

フランス現代史 (岩波新書)

フランス現代史 (岩波新書)

 

1944年の解放から、「栄光の30年」、五月危機、石油危機、「ミッテランの実験」の挫折、新自由主義、そしてマクロン政権成立──フランスの戦後を通観すると、そこには「分裂と統合の弁証法」というダイナミックなメカニズムがみえてくる。欧州統合の動きにも着目しながら現代フランスの歩みをとらえる通史。

序章 分裂と統合の弁証法
第1章 解放と復興―一九四〇年代
第2章 統合欧州の盟主をめざして―一九五〇年代
第3章 近代化の光と影―一九六〇年代
第4章 戦後史の転換点―一九七〇年代
第5章 左翼政権の実験と挫折―一九八〇年代
第6章 停滞、動揺、模索―一九九〇年代
第7章 過去との断絶?―二〇〇〇年代
終章 その先へ

 

蓮実重彦著『帝国の陰謀』(1991→2018)

 

帝国の陰謀 (ちくま学芸文庫)

帝国の陰謀 (ちくま学芸文庫)

 

純粋な「形式性」と起源なき「名前」の流通によって現実が作られる時代。それは、いかにして生まれたのか―。19世紀中葉、一組の義兄弟が陰謀を企てる。兄の名は、ルイ=ナポレオン。フランス皇帝ナポレオン1世の甥である。かたや父親を異にする弟の名は、ド・モルニー。「私生児」にして、のちの内務大臣・立法院議長である。権力奪取の計画は首尾よく運び、ここにフランス第二帝政の幕が上がることとなる。希薄で、シニカルな相貌をまとって…。ド・モルニーが遺した二つのテクストを読解し、マルクスが見落としたものを軽やかに描く、著者最初の書き下ろし作品。

1 私生児
2 陰謀
3 決断
4 署名
5 議長
6 喜歌劇
7 反復

 

山崎朋子著『サンダカン八番娼館』(1975→2008)

 

新装版 サンダカン八番娼館 (文春文庫)

新装版 サンダカン八番娼館 (文春文庫)

 

 かつて"からゆきさん"と呼ばれた女性たちがいたーー。歴史に埋もれた女性たちの声を刻みこむ「底辺女性史」の名著、新装決定版! 「からゆきさんと呼ばれる海外売春婦についての研究とも紀行ともつかないこの書物は、わたしが、この老からゆきさんと三週間あまりひとつ家に生活した記録であり、ふたりの偶然のめぐり逢いが決定的な契機となっている」(プロローグより)
“からゆきさん"―ー戦前の日本で十歳に満たない少女たちが海外に身を売られ、南方の娼館で働かされていた。そうした女性たちの過酷な生活と無惨な境涯を、天草で出会ったおサキさんから詳細に聞き取り綴った、底辺女性史の名著新装版。東南アジアに散った女性たちの足跡をたどるルポルタージュ『サンダカンの墓』も収録
大宅壮一ノンフィクション賞受賞作

サンダカン八番娼館(底辺女性史へのプロローグ
偶然の邂逅―天草への最初の旅
二度めの旅へのためらい
おサキさんとの生活 ほか)
サンダカンの墓(サンダカンの墓
シンガポール花街の跡
平田ユキ女のこと
小川芙美の行方 ほか)

 

稲葉佳子, 青池憲司著『台湾人の歌舞伎町-新宿、もうひとつの戦後史』(2017)

 

台湾人の歌舞伎町――新宿、もうひとつの戦後史

台湾人の歌舞伎町――新宿、もうひとつの戦後史

 

 “らんぶる”も“スカラ座”も“風林会館”も台湾人がつくった―終戦までの50年間、日本の統治下にあった台湾。8万人あまりが“日本兵”として戦争に駆り出され、戦前から日本に“内地留学”をしていた者も多くいた。戦後、今度は一転、“外国人”として裸一貫で放り出された台湾人はやがて駅前のヤミ市で財をなし、焼け野原に新たに構想された興行街・歌舞伎町を目指した―初めて明らかにされる、貴重な時代証言。

はじめに――歌舞伎町、ふたつの物語
第1章 〈ルンバ〉の青春 1945-49――虚脱から再起へ
第2章 〈地球座〉から始まった歌舞伎町 1945-49――理想と停滞
第3章 「歌舞伎町」前夜 1950-54――焦燥から光明へ
第4章 “じゅく文化"の裏に台湾人華僑あり1955-64――胎動から興隆へ
第5章 台湾人が愛した歌舞伎町 1965-74――爛熟、そして変容
おわりに――再開発のなかの歌舞伎町