松本卓也著『創造と狂気の歴史-プラトンからドゥルーズまで』(2019)

 

創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで (講談社選書メチエ)

創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで (講談社選書メチエ)

 

「創造」と「狂気」には切っても切れない深い結びつきがある──ビジネスの世界でも知られるこの問題は、実に2500年にも及ぶ壮大な歴史をもっている。プラトンアリストテレスに始まり、デカルト、カント、ヘーゲルを経て、ラカンデリダドゥルーズまで。未曾有の思想史を大胆に、そして明快に描いていく本書は、気鋭の著者がついに解き放つ「主著」の名にふさわしい1冊である。まさに待望の書がここに堂々完成!

 はじめに──創造と狂気は紙一重
第1章 「創造と狂気」の関係を問う
第2章 プラトン──神的狂気と創造
第3章 アリストテレス──メランコリーと創造
第4章 フィチーノデューラー──怠惰からメランコリーへ
第5章 デカルト──狂気に取り憑かれた哲学
第6章 カント──狂気を隔離する哲学
第7章 ヘーゲル──狂気を乗り越える哲学
第8章 ヘルダーリン──ついに統合失調症が現れる
第9章 ハイデガー──詩の否定神学
第10章 ラカン──「詩の否定神学」の構造論化
第11章 ラプランシュとフーコー──ヘルダーリンと父の問題
第12章 アルトーデリダ──病跡学の脱構築
第13章 ドゥルーズ──「詩の否定神学」からの逃走
おわりに──「創造と狂気」はどこへ向かうのか?

参考文献
初出一覧
あとがき

中山康雄著『現代唯名論の構築-歴史の哲学への応用』(2009)

 

現代唯名論の構築―歴史の哲学への応用 (現代哲学への招待)

現代唯名論の構築―歴史の哲学への応用 (現代哲学への招待)

 

中世の普遍論争も踏まえ、存在、主体、意味、心といった近現代の哲学のテーマを総ざらい、メレオロジーなど最新の手法も駆使して「唯名論」というひとつの立場から再構築し、さらに物語と歴史という新たな地平に乗り出していく壮大な思考実験。近現代哲学の主要テーマとその論理的背景が簡潔に整理されて提示されるので、西洋哲学とは何かをざっと知りたい人にもオススメでき、同時に、その斬新な視点からの分析は、哲学の本質を追究したいディープな哲学ファンも唸らせる傑作。

第1部 唯名論的世界像

 世界と主体
 唯名論とメレオロジー
 唯名論存在論自然言語の意味論
 多元的言語論と物理主義
 事実の諸相
 心の哲学と物理主義
第2部 歴史叙述という語りの分析

 歴史叙述の位置付け
 時間と歴史
 歴史叙述の唯名論的分析

 

『現代思想 2019年6月号 特集 加速主義-資本主義の疾走、未来への〈脱出〉』

 

現代思想2019年6月号 特集=加速主義――資本主義の疾走、未来への〈脱出〉

現代思想2019年6月号 特集=加速主義――資本主義の疾走、未来への〈脱出〉

 

 加速主義という新たな思想的潮流。そこでは根底的な社会変化を引き起こすために、資本主義制度、あるいはそれを歴史的に特徴づけてきた技術的プロセスを、あえて拡大し、再利用し、加速するべきであるとされる。閉塞感に満ちた現代社会を打破するような不思議な力によって、それは私たちを否応なく変えてくれるのではないか、あるいは変えてしまうのではないか――そういった来たるべきなにかへの期待と不安が渦巻いているなか、加速主義のもつ可能性を、その新反動主義の一面も含めて明らかにする。

【討議】
加速主義の政治的可能性と哲学的射程 / 千葉雅也+河南瑠莉+S・ブロイ+仲山ひふみ

【加速主義の源流】
暗黒啓蒙(抄) / N・ランド/五井健太郎訳・解題

【資本主義のはざまで生きる】
転形期の未来――新反動主義かアシッド共産主義か / 水嶋一憲
気をつけろ、外は砂漠が広がっている――マーク・フィッシャー私論 / 木澤佐登志

【継承と共鳴】
さまよえる抽象 / R・ブラシエ/星野太訳・解題
加速主義から思弁的実在論へ――ブラシエとグラント / 浅沼光樹
死の向こう側 / 小倉拓也

【解放への道程】
『加速主義読本』序論(抄) / R・マッカイ+A・アヴァネシアン/小泉空訳
加速主義の系譜学――『加速主義読本』序論解題 / 小泉空
ポスト労働社会の想像と四つの要求 / 川村覚文

【幻視される特異点
ゲーデル・シンギュラリティ・加速主義――近代以降の世界像の変容とその揺り戻し / 丸山善
The System of Hyper-Hype Theory-Fictions / 樋口恭介

【複数化する未来線】
啓蒙の終わりの後に、何が始まろうとするのか? / Y・ホイ/河南瑠莉訳・解題
ブロメテアニズム / A・ギャロウェイ/増田展大訳・解題

フェミニズムによる応答】
プロメテアン労働とドメスティック・リアリズム / H・へスター/三浦尚仁+依田富子訳

【ここにある〈出口〉】
「大きな思想」と「小さな日常」が乖離するとき――ダークな思想を持った人たちの演出について / C・ローウィー
ティーヴ・グッドマン諸作における人類消滅後の全自動ホテルが示すもの / 髙橋勇人

 

連載●デミウルゴス●第三回
見取り図(三) / 磯崎新

連載●科学者の散歩道●第五九回
揺れる学界諸事――「戦後成長」の終焉とグローバル化 / 佐藤文隆

【研究手帖】

 

倉田剛著『現代存在論講義 Ⅱ ―物質的対象・種・虚構』(2018)

 

現代存在論講義II 物質的対象・種・虚構

現代存在論講義II 物質的対象・種・虚構

 

目前の机のような「中間サイズの物質的対象」、生物・物質・人工物の「種」、現実世界と事物のあり方が異なる「可能世界」、小説のキャラクターといった「虚構的対象」について論じる、四つの講義を所収。

序 文
I巻のおさらい
II巻の内容について

第一講義 中間サイズの物質的対象
 1 物質的構成の問題
  1.1 二つの相反する直観
  1.2 粘土の塊と像
  1.3 ニヒリズムあるいは消去主義について
  1.4 像と粘土の塊との非同一性を擁護する
  1.5 構成関係の定義

 2 通時的同一性の問題─変化と同一性
  2.1 同一性とライプニッツの法則
  2.2 四次元主義
   Box 1 四次元主義と物質的構成の問題
  2.3 三次元主義
  2.4 通時的同一性の条件あるいは存続条件について

まとめ

第二講義 種に関する実在論
 1 種に関する実在論
  1.1 種についての直観
  1.2 普遍者としての種
   Box 2 種の個体説について
  1.3 性質と種(その一)─偶然的述定と本質的述定
  1.4 性質と種(その二)─述語の共有
  1.5 性質と種(その三)─タイプ的対象としての種
   Box 3 種の例化を表現する“is”は冗長ではない

 2 種と同一性
  2.1 数え上げ可能性
  2.2 種と同一性基準

 3 種と法則的一般化
  3.1 法則的言明
  3.2 種と規範性
   Box 4 HPC説と「自然種の一般理論」

 4 付録─種的論理について

まとめ

第三講義 可能世界と虚構主義
 1 様相概念と可能世界
  1.1 様相概念─可能性と必然性
  1.2 可能世界─様相文が真であるとはいかなることか
  1.3 付録─可能世界意味論の基本的アイディア

 2 様相の形而上学
  2.1 可能世界への量化と現実主義的実在論
  2.2 ルイス型実在論

 3 虚構主義
  3.1 反実在論としての様相虚構主義
  3.2 フィクションにおける「真理」とのアナロジー
  3.3 背景とメタ理論的考察
  3.4 虚構主義への反論1
  3.5 虚構主義への反論2

まとめ

第四講義 虚構的対象
 1 基本的構図
  1.1 実在論非実在論か
  1.2 虚構と真理
  1.3 記述の理論

 2 現代の実在論的理論
  2.1 マイノング主義(その1)─〈ある〉と〈存在する〉との区分
  2.2 マイノング主義(その2)─述定の区分および不完全性
   Box 5 非コミットメント型マイノング主義
  2.3 理論的対象説
   Box 6 虚構的対象についての虚構主義
  2.4 人工物説

まとめ

結語にかえて──イージー・アプローチと実践的制約

 

マルクス・ガブリエル著, 清水一浩訳『なぜ世界は存在しないのか』(2013=2018)

 

なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ)

なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ)

 

 世界の最先端を牽引する「新しい実在論」のマニフェスト、ついに電子版登場! 1980年ドイツ生まれのマルクス・ガブリエルは、今、最も注目されている哲学者です。その名を一挙に知らしめた『なぜ世界は存在しないのか』は、さまざまな領域に波紋を生み続けています。日本でも多くの読者を獲得している本書とともに、AIの飛躍的進化が象徴する先の読めない状況の中で、改めて「世界」と「人間」について考えてみましょう!

哲学を新たに考える
I これはそもそも何なのか、この世界とは?
II 存在するとはどのようなことか
III なぜ世界は存在しないのか
IV 自然科学の世界像
V 宗教の意味
VI 芸術の意味
VII エンドロール──テレビジョン

 

兼本浩祐著『なぜ私は一続きの私であるのかーベルクソン・ドゥルーズ・精神病理』(2018)

 

私が確固として同一であるという信念はどこから来るのか。脳の生物的デフォルトから同一性は導かれないのではないか。意識という機構が「外」を表象として立ち上がらせるとき、その都度の表象という出来事が反復されるとき、影絵のように浮かび上がってくる「私」。表象とは何か、それは私の一貫性とどう繋がってくるのか。ベルクソンの記憶・縮約、ドゥルーズの差異・反復などの概念、また精神科症例を参照し精神病理学者が「私性」の謎に迫る。

第1章 同じものが同じになる時、同じでなくなる時

第2章 「私」が成立する脳的条件

第3章 物来りて我を照らす

第4章 面前他者を了解すること―精神病理学の営み

第5章 ベルクソン脳科学

第6章 普遍論争を再考する―馬性は馬性以外の何ものでもない

第7章 行為としての臨床哲学/ 付録 脳内散策のための小マップ

 42 池上『動きが生命をつくるー生命と意識への構成論的アプローチ』『生命のサンドウィッチ理論』

動きが生命をつくる―生命と意識への構成論的アプローチ

動きが生命をつくる―生命と意識への構成論的アプローチ

 
生命のサンドウィッチ理論

生命のサンドウィッチ理論

 

 

アルフレッド・シュッツ著. 森川眞規雄, 浜日出夫訳『現象学的社会学』(1970=1980)

 

現象学的社会学 (文化人類学叢書)

現象学的社会学 (文化人類学叢書)